ラミネートの知識を深めたい人もこれからラミネートに挑戦してみたいって人でも誰でも大丈夫です☆

ラミネートの情報と知識ならラミネートフォース

ラミネートの加工法1

ラミネートの加工法には、ホットラミネート加工、パック式ラミネート加工、ロール式ホットラミネート加工、ロール式コールドラミネート加工、捺印、記入可能ニューマットという五つの種類があります。

ホットラミネート加工

ホットラミネート加工ホットラミネート加工とは、一般的な「ラミネート加工」の方法です。主な特徴としては、フィルムのふち(透明か艶消し)が標準で5ミリ出ており、フィルム を開いて原稿を挟んだらラミネーターに挟んで加工を施します。フィルムのふちが5ミリ出ているため、それが水の浸入を防いでいます。しかし、完全防水では なく、水没していると1日~2日でふちから水が浸入してきます。完全防水と書いてあるサイトがありますが、そんなことは決してありません。あくまでも、防滴効果で す。フィルムの厚さは、38μ・100μ・150μ・200μ・250μ・350μと様々です。ホットラミネートの表面はクリア・片面マット・両面マット がありますが、基本的に業務用ラミネーターのロールフィルムは、38μ・100μ・150μ・250μの加工が出来ます。200μ・250μ・350μの 加工に関しては、パックフィルム(挟んでラミネーターに通す販売用フィルム)で加工も行っております。業務用フィルムと販売用のフィルムの境は基本的にな いと考えてください。ラミネートの品質についてですが、あくまでもラミネーターとラミネートフィルムの加工温度のセッティングで大きく加工品質の差が出て しまいます。

 

パック式ラミネート加工

パック式ラミネート加工とは、よく見かける2枚1シート状のフィルムを加熱プレスラミネート機で、サンドイッチする加工の方法です。フィルムサイズは名刺サイズ~A3ノビ版まで対応し、フィルム厚も50μ・70μ・100μ・150μと多種類あります。フィルム仕様も両面光沢・両面 マット・片面光沢片面マット・捺印、記入可能ニューマットなどがあり、目的用途によってラミネート加工を使い分けて施します。

ニューマットでラミネート加工をする事により、会員証・診察券などでは今まで印刷済みカードに、氏名・住所・必要事項記入後にラミネートフィルムをつけ、 ラミネート機でラミネート加工を施さなければなりませんでした。しかし、ニューマットでラミネート加工済みのカードに必要事項を記入すれば、すぐその場で 簡単にカードを発行出来るようになりました。この手間のかからない発行作業は、忙しい方々に何かと便利な事だと思います。

最終更新日:2014/10/2